伝える事は大切だけど

伝える、伝わるって難しいな。主語、述語がないと伝わらない。「映画を観に行きたいんです」と言えるように・・・、早く・・と言わずにゆっくり、言葉を発するまで待っていて下さる、時には『分って!」と思う時もあります。でも、きちんと伝えないと自分のしたい事ができないんだと思います。アドバイスがなくても言えるようになったらいいなと思います。

 

0 コメント

みてますか?「逆転人生」を

「あなたはどんな番組を見てますか?」私は刑事番組が好きです。ですが、NHKも見たりしています。月曜の「逆転人生」と言う番組があるのですが、人生の七転び八起きどん底から這い上がって成功していくと言う内容のものですが、さまざまな思案、思考・・・開発に至っていきます。共通して言えるのは、「好き」と言う事、どんな結果になってもまずやってみる。失敗を恐れない事、そして、楽しみながら努力を続ける事、それが結果につながる。こう言う事とは、今の私の日常にも当てはまるのだと思います。生きてる以上、辛い事、我慢する事もある、しかし、続けられるのはこの日課、この生活が「好き」と言う一言に尽きる、大それた事ではなく、普通に生活が送れる事が「好き」と言う言葉に含まれるのです。

0 コメント

働き方改革って誰のため?

最近「人手不足」だの「働き方改革」と言う事をよく聞きます。あるホテルでは10連休にしたところがある。休みにした事で従業員の変化は?意欲的に仕事に取り組むようになったとか接客がよくなったと言う。この制度をヘルパー業界、福祉業界に当てはめようとすると無理がある。なぜなら生活を支える仕事だからだと思います。できないからヘルパーさんにお願いをする訳だから、この制度を当てはめる事は難しいのではと思います。GWやお盆、年末年始になるとどっと疲れます。「休みたいだろうに」と言う気持ちと「ヘルパー事業所」さんの調整との板挟み。福祉業界で働く人達にもっとメリットがあってほしいと思います。「働き方改革」って誰のため?贅沢な生活なんて望んでいません、普通の生活がしたいだけ!

0 コメント

初めての「どんど焼き」

年の初めの行事は「どんど焼き」あるいは「左義長」と呼ぶところもあるでしょう。

その「どんど焼き」に行ってきました。生まれて初めて「点火」をするところから見ました。神社に「今年1年、みんなが元気で働けますように、そして、健康で今の生活が楽しいものでありますように」とお参りした後、おいしいぜんざいを頂きました。地域の方達の理解と温かさに触れ合えた一時でした。もちろん、今の世の中殺人や怖い事も起きています。でも、ここにはそう言った感じもなく、「障がい者への理解を」と言わなくても、「ありがとう」の気持ちを忘れなければ分かってくれる人達がたくさんいます。暖冬とは言え寒い朝です。

地域行事に参加して、心の中はポッカポカになったひとときでした。

0 コメント

買い物

毎週木曜日は「買い物日」毎日の食事の材料を買いに行きます。今はタクシーで行きます。

スーパーだけではないので、いろんなものが目に入ってきます。これまで母に買ってもらっていたパンツをヘルパーさんに見てもらいながら、自分で買いました。履かせやすいもの、履いていて楽な物、そして、好きな色など「パンツを1足、買う」と言う事にもいろいろ思案していくもの、そう言う事にも新鮮さを感じました。衣類を自分で買う事も明日への生活の糧につながっていくのだと思います。

0 コメント