新たな介助

新しい事、新しい物に慣れるまでには時間がかかります。年齢とともに口腔内の介助もお願いしなければならなくなってきました。介助量が増えていく事にはまだ抵抗があるのです。

「お願いします」の言葉は言えてしてもらっていますが、新たな介助には戸惑いと抵抗が出てくるものです。ですが、頼まないと前に進みません。これからもっといろんな介助が増えてきた時、やっぱり「お願い」と言う面で悩むのでしょうね?

 

0 コメント

衣替え

朝夕寒くなってきましたネ。お部屋の模様替えもしなくては・・・と思い始めました。

月日の経つのは早いもの、衣替えもしなくては・・・と思っています。

0 コメント

コスモスたちは知っている?

「~昼下がり ちょうちょと コスモスさんが 遊んでる~」毎年会社のお庭にコスモスが咲きます。ヘルパーさんが種をまいて下さった事で、季節が廻ってくると忘れる事無く私達に癒しをくれます。もう何年も癒してくれています。コスモスさんには「コロナ」は何のそのなんでしょうネ。ギスギスした疲れ切った人の心を自然は分かっているのかも知れません。

0 コメント

冬支度

毎日報道される「コロナ感染者数」は福井県はようやく一桁台になってきました。全く〇になった訳ではないので、気を緩める事はできません。それでも少しづつもとの状態を取り戻そうと感染対策を取りながら行動し始めました。私が所属している合唱団の練習も間隔を取りながら、また、今や必須のアイテムになったマスクをしながら行っています。

コロナで振り回されながらも、早くも北海道から冬の便りが聞こえてきました。

家も扇風機をかたずけストーブを出し、冬支度をしてもらいました。

今年も長く鎌倉景色になるのでしょうか?

0 コメント

どんな事も前向きに・・・

入れ歯を作りました。ですが、はめたり外したりはヘルパーさんに介助してもらわなくてはなりません。私ははめた時の違和感にヘルパーさんははめ方外し方を覚えてもらわないといけません。歯医者さんにもう一度教えてもらおうと言う事になりました。何でも新しい事に慣れるのは大変です。最近、車いすや入れ歯や一気に新しくする事はしないでおこうと思いました。どんな状況であっても不可能な事を可能にしてくれ、前向きにしてくれるヘルパーさん達です。

0 コメント

貴女の名は・・(ピンクの花の名)

名は分からないが、ピンクの花が枯れては、また咲く。「タンポポ」ではありません、

360℃ぐるっと見渡すと自然やこの地球上の生き物たちに支えられて生かされているのだと教えられます。スマホで写真を撮ると名前が分かるアプリがあるそうです。残念ながらそう言うアプリはありませんが・・。コロナ禍ならではの楽しみ方がきっとあるはずです。

0 コメント

見つけたよ!私の仕事

1人ひとり行っている仕事内容は違います。これは当然のこと。事務所内の掃除は私の仕事。きれいなところでみんなが仕事をしてほしい・・この1点だけ、特に私達の事務所は普通の家を借りているので「オフィス」らしくはない。ですが、少し手を加えればそれなりにきれいになりオフィスら・し・くなっていきます。自分がしたい事をしてみなさいと言うのが社長さんの考え方。たとえそれが失敗したとしても、「やってみた」と言う事が大切なのだと・・。

自分でも知らなかった事も分かってきました。気持ちはゆっくりと続けていこう。これが私の仕事。見つけたよ!私にもできる仕事を。

0 コメント

迷ったけど受けたよ

昨日、ワクチン接種を受けました。受ける?、受けない?かで迷いましたが、これから「活動の秋」でもあるし、お世話をして下さる人達の事を思うと受けておいた方がいいかなと思いました。延び延びになっている「甥っ子の結婚式」もいずれあるだろうし、まだ分かっていない「自分らしい生活」も探して行かなければならないし、そのためにも受けました。一安心かな。

0 コメント

困っていないのかな?

たくさんのヘルパーさんに入って頂きながら生活をしています。

年々状態が変わっていきます。でも、これは仕方のない事だと思います。

知人が状態が悪くなってきたっと言う事を聞きます。ヘルパーさんに入ってもらう回数を増やしてもらえばいいのに・・・と思います。「入ってもらえない」と言います。本当にそうなのでしょうか?きちんと伝えられる人なのに、「なぜ、できない事を言わないんだろう??」と思います。本当に困っていないのではと思います。市役所の人でもきちんと伝えれば分かってくれるはずなのに・・と思います。

0 コメント

おしゃれに

今日、美容室に行ってこよう。もう何年もいいえ、何十年も行きつけの店です。

店員さんも私の身体の事を分かっていて下さるので楽です。母の口ぐせでもありますが「障がい者はきれいにしていないといけないよ、見てもらわないいけないんだから・・ネ」と。これは普通に身だしなみの事を言ってくれたのだろうと思います。ヘアースタイルは?今日は染めますか?など。まぁ、きれいにしておかないと。お客さんにいい印象で接したいから「働く」って、きっと「おしゃれ」も入るのではと思います。「ゆめいえ」のスタッフとして・・・。

0 コメント

働きやすい職場

シルバーウィークの前半が終わり、出勤です。日々いろいろありますがやっぱりこの事務所に来るとシャキッとするなぁーと感じます。ここで仕事をする事で気持ちが落ち着きます。調子がいいと言う訳ではありませんが、きっと、働く人達がユニークで認め合ってくれている人達だからでしょうね。私はずいぶんいろんな事を教えてもらっています。もちろん、注意を受けたり、叱られたりする事はあります。それでも、のびのび働きやすい職場だと感じています。

0 コメント

公民館祭に出展

毎年公民館祭が行われています。コロナ禍の中で、形を変えて今年も行われます。

絵画や生け花など作品展示のみ長いスパーンで開かれます。今年は私も応募しようと思っています。家にあるものを使い、イメージをヘルパーさんに伝えて作りました。作品名は「ありがとう!みなさん」いろんな人の支えがあって私の生活が成り立っているのです。そして、1人で生きているのではなく私達人間も含め、動植物たち全ての命の中で生きている、生かされている事の感謝と喜びをこの作品に込めました。見てもらえたら幸いです。

0 コメント

復活したい1人ショッピング

ヘルパーさんとは日常の買い物は行きますが、コロナ禍もあり、体調不良になってから1人ショッピングをしなくなりました。行けば誰かに頼めば事は済むと思いますが、基本は自分で進んでいく。も1度「1人ショッピング」ができるようになりたい。

0 コメント

メルヘンの世界に

市の美術館で開かれている「藤城清治展」に行ってきました影絵をモチーフに光と切り絵ファンタジーな世界に引き込まれました。水と鏡を使った臨調感あふれる世界には思わず「ワァー」と吸い込まれて行きました。動物たちと自然と私達人間の「共存共栄」しながら「生きている」姿を作品に込められていました。誰もが1人で生きているのではない!と言う事を改めて教えられた世界でした。

0 コメント

虫たちの大合唱!

帰り道ふと、身体に感じる風が優しくなりました。セミの独唱から虫たちの合唱に変わってきました。はかない声のセミはたった1週間を精一杯生きてきました。サァー、セミさんの独唱を引き継いで、虫たちの大合唱が始まりました。コロナ禍の中で人間の合唱は聴けずとも、スズムシやマツムシ達の合唱で楽しむ事にしましょう。

0 コメント

熱い夏過ぎゆく

13日間の「パラリンピック」が閉幕しました。パラアスリート達は私達に希望やパワーをくれました。そして、さまざまな競技があり、少しだけその競技のルールも分かりました。特に私も参加できる「ボッチャ」は、地味なスポーツの様ですが世界中に伝えられたのではと思います。アスリート達はもう次のフランスに向けて練習をしているとの事。私は、日常の中で直接「差別をされた」と言う気持ちにはなったと言う思いはありませんが、ほんとの意味での「多種多様性」のある社会になってほしいと思います。

パラアスリートのみなさん、関係者の方々本当にお疲れ様でした。そして、感動をありがとうございました。「オリ・パラ」そして、「高校野球」と今年の熱い夏は過ぎてゆきました。

0 コメント

~感謝!七転び八起き人生~

転倒する回数が多くなった最近。「エヘヘ」では済まされない回数になってきたと自分でもようやく思い始めました。1人暮らしってこう言うものかも知れないと思うようにしています。私の場合、施設に居ても家に居ても転倒しないと言う訳でもない。なので「落ちたら、拾ってネ!」と笑い飛ばす事にしている。幸か不幸か幸い、今のところ病院に行くまでには至っていません。意味は違いますが「七転び八起き人生」です。車社会の世の中、交通事故に巻き込まれ、救急車で病院に運ばれる今日この頃、施設生活でなくでも周囲の人達に守られての生活、ありがたいなぁ~と思っています。

0 コメント

今日からパラリンピック!

昨日から、パラリンピックが始まりました。コンセプトが「翼」見せる障がい、自分らしさが全面に出す入場行進、パホーマンスは見ごたえがありました。今日からさまざまな競技が始まりました。テレビ―を通じて、応援し、「生きるパワー」を感じ取っていきたいと思っています。

0 コメント

痛いのはイヤ!

今週は「ドクターウィークディー」になりそう。定期受診から始まり、あちらこちらが偶然にも受診せざる終えなくなった。病院が好きと言う人はいない。治さなければならないところは病院に行って早く治さなくてはと思っています。「痛いのはイヤ!」(子供ではないけれど)

0 コメント

恒例24時間テレビ!

今では恒例となった24時間テレビが今年も放映されました。さまざまなコーナーがあり、以前よりも普通の番組として見られたかなと思います。それだけ障がい者も病気の人達も特殊ではなくなったと言う事だと思います。病気で倒れて復帰された加山雄三氏も出演していてAIも出ていて見ごたえがありました。「お涙ちょうだい」から「楽しませてくれる24時間テレビ」に変わってきたと思います。来年は私のところにも芸能人が来ますように・・・。

0 コメント