地域で生きていくために

3密をさけるため、近くの公民館祭が約1ケ月間行われており、昨日行ってきました。特別支援学校の作品、小中高校生の作品が展示されてありました。受付で住所、氏名など聞かれ、自分で答えました。「自分で答える」相手は私の話を「聞く」と言うこの作業が地域で生きていくためにはとっても大切な作業、ヘルパーさんと帰り際「私は、今日は空気、あなたが応える事で相手も視線を合わせ、聞こうとする」のだと・・・、私は「こう言う事が活きた社会経験」になるのかと思いました。

0 コメント

私を見て!車いすを知って!

いつもなら静かな農道が拠点、拠点に人が立っていて「何があるんだろう」と思いながら歩いていました。「こんにちは~」とあいさつしたり「今日は、何かあるんだですか?」と質問したり「今日はマラソン大会です」と答えて下さったりと、貴重な買い物の日になりました。

いろんな人達に会い、声を交わすことこれこそが、今はそれほど耳にしなくなった「ノーマライゼーション」なのではと思いました。どんな人も1人は生きている訳ではありません。みんなと一緒に生きていけるならそれが「ありがとう!」なのだと・・・。

私の苦手な難しい「署名運動」などしなくても生活の中で自分が楽しくできる事で「私を見て!」「車いすを知って!」と思います。誰にでも得て不得手な事はあります。

出会った人が何かを感じてもらえたらいいなと思います。

0 コメント

家にいたいなぁ~Or1人暮らし

最近朝方は寒くなってきました。家に居ればずっと寝ていると思います。ですがヘルパーさんのお蔭で、規則正しく生活が送れています。多少調子が悪くても起きられて仕事に行ける。気持ちも上向きになれるのも「1人暮らし」のお蔭かも知れません。

0 コメント

笑って師走を・・・

毎日コロナ感染者数が報告されています。「福井は〇〇人」等と。「感染者はなし」と聞くと「よかった」とホッとします。逆に何人と聞くと「ビクッ」と気が引き締まります。

東京は相変わらず1日に2桁、3桁台で緊張感が走ります。もう数字を聞いてもビックリしなくなったと言う人もいますが、「慣れ」って怖いなと思います。今、順にインフルエンザの予防接種が行わていますが、さまざまな専門家の話を聞いているとやっぱり3密を守る事なんだなと思います。とは言え、介助者が絶対必要な私はソーシャルディスタンスは絶対無理、だからこそ、介助者も私もできる事をしっかりしながら楽しい時間を作り上げていきたいと思っています。もう師走はそこまであなたも私も「笑い合って」迎えたいものです。

 

0 コメント

マスクサポーター

コロナ渦の中で、マスクは必需品になってきました。それに伴い、マスクの備品も出てきました。「息づらさ」や「しゃべりづらさ」を解消するためのサポーターが売られるようになりました。マスク嫌い、興味本位の私はどう言うものだろうと気になります。幸い価格もお小遣いの範囲内でしたので買い、使ってみました。付け心地はマスクと口元に空間ができるので、楽でした。ただ、オシャレマスクには付けられないのでちょっと残念と言う感じですが、これもまたしばらくすると、いいアイテムが出てきそうです。おしゃれなマスクをして、コロナにかからないように過ごしたいものです。

0 コメント

話題に乗り遅れず

今、福井県立美術館でテレビアニメーションの世界が行われています。「エイケン制作会社」のお馴染みのサザエさん、鉄人28号などその時代にタイムスリップ、体調がよかったらもっと楽しめるのに・・・。気分転換になったかどうかは分かりません。話題には乗り遅れずにすみそうかな?

0 コメント

今年も聞こえてきました~

「年末年始の外泊どうしますか?」と言う声が聞こえてきました。もうそんな時期になってきたのですね、早いですネ。日帰り帰省になるかなぁ~?どう言う風になるか、分かりませんが、日々1日1日の目の前の事をこなしていく事こそが大切なのだと思います。少しだけ「帰りたいな」と思ったりもしますが・・・。

0 コメント

おうち時間&お・で・か・け

コロナ渦の中で、「おうちで楽しむ・・・」を紹介が多くなってきました。もともとヘルパーさんの助けを借りての生活をしている私達にとっては「おうち時間」と言ってもそれほど『ピン』ときません。テレビを見ているとみんな家での楽しみ方を考えているようです。参考になる事、「これならできそう、できたらいいな」と言う内容もあったりします。とは言え、やっぱり「外出」はいいですね~。1日も早くコロナが落ち着いて、安心して外出ができるようになってほしいものです。外出しない訳もいかないので「カラフルマスク」から選んで出かけましょ!「何色のマスクをして、出掛けようかしら?(*´艸`*)」

0 コメント

ボタンの掛け違い&SOS

ヘルパーさんの助けを借りながらの「1人暮らし」ありがたいと思っています。

ですが、ヘルパーさんと言えども人間、時には「ボタンの掛け違い」が生じる事もあります。

完璧な人などいないはず。ボタンをもとに戻したい時、信頼している人に言える事こそが大事なのだと思います。たった1人でも信頼できる人がいれば「前を向ける」

0 コメント

お月様は幸せを下さる

『中秋の名月』(10/1)でした。ヘルパーさんと「お月見散歩」に出かけました。澄んだ空気と楽しく生きていくパワーをくれるお月様、イヤな事、辛い事を忘れさせてくれる神秘的でそして、贅沢なひとときを頂きました。コロナ禍で、誰もがストレスを抱えて「自殺者」3倍から4倍、5倍に増えていると言われています。そんな人たちにこそ、「お月様」を見てほんの少しでも「幸せ」な気持ちになってくれる人がいらしたらいいなと願いました。

0 コメント

コスモスさんとお話して・・・

暑い!暑いなぁと言っているうちに、いつしか「コスモス」が話しかけてくるようになりました。「ホラ!優しい風さんがきましたョ」って。コスモスたちは、私たちより季節を「先どり」しているのかも知れません。フ~ッと、コスモスさんに話しかけてみては・・・、疲れた心に応えてくれるでしょう。

0 コメント

昼下がりの風車

雨上がりの昼下がり、ヘルパーさんと大野方面を散策してきました。昔の武家屋敷へとタイムスリップ。きれいな風車棚を見学。浴衣姿だったら「私も、ミス風車娘?」になれるかな・・・エスコートしてくれたヘルパーさんとゆったりと七軒通りを歩き、秋の大野を満喫したひとときでした。タイムスリップさせて下さったヘルパーさん、ありがとう!

0 コメント

会社でのこだわり

少々体調不良でも、仕事に来ると我慢できます。当たり前と言えば当たり前。気持ちが変わるのが肌で感じます。会社の中で仕事内容は1人ひとりの違います。時間の限り、スタッフさん達が戻ってきても気持ちよく事務仕事をしてもらえるように「キレイ」にする事にこだわってみたいと思います。

0 コメント

ミニ冒険

4連休どう過ごされていましたか?TV等では旅行やキャンプなどで楽しんだ様子が流れていました。さて私は・・・と言うと、「ミニ冒険」近くに住んでおられる知人の家まで、何かもヘルパーさんと行っているのに分かりません。車に気をつけて、「どこだろう~?」「もう少し行くのかな?」道行く人に「〇〇番地はどこですか?」と聞いたり、「押しましょうか?」と助けてもらったり付き合い方を学んだ連休でした。監禁や殺人、そして、コロナ等とても暗いニュースばかりですが、暖かい人達に囲まれている事に「ありがとう!」の気持ちでいっぱいになりました。「ミニ冒険」は楽しかったです。

0 コメント

アクシデントとSOSツール

生活をしていく中で、アクシデント(転倒)が多くなってきました。1人の時間の怖さを感じます。転倒するリスクを少なくするために・・・なんて言う事は考えていなくて、自然体のまま生きています。もちろん、SOSツールは作ってありますが・・・。それではもう自分で自分の態勢が保せなくなったのかは分かりません。ヘルパーさん達のアドバイスを受けながら、この生活の限界少し手前まで、楽しく続けて行こうと思います。

0 コメント

サヨナラ夏・こんにちは秋

頬をつたう風が優しくなりました。夜になると虫たちの合唱も聞こえてくるようになりました。合唱に誘われてお散歩をしています。長かった「夏」が終わりを告げようとしています。

みなさんは、感じていますか?サヨナラする「夏」からこんにちはの「秋」を・・・。

時には何もかも忘れて「心」を休ませてみたいですね。

0 コメント

雑草のように

「時間」になればヘルパーさんは来る。さまざまな時間って誰がどう言う風に決めるのだろうか?ヘルパーさんに私が合わせるの?それとも~私の生活時間にヘルパーさんが合わせるの?どちらだろうか?最近、よく分からなくなってきています。あまり気にせずにいた方がいいのかなぁ~。庭に生えている雑草のようにフラフラと生きる事も大切なのかも知れません。

0 コメント

夜の訪問者、ギモちゃん

「こんばんは!」って、毎日のように来てくれるお友達がいる。呼び名は「ギモちゃん」本名は「ギモーブ」君と言います。フランス語でマシュマロと言う意味だそうです。ギモちゃんがいるわずかな時間は、家の中が「パーッ」と明るくなる。と同時に気持ちもほっこりします。

TVをつけても暗いニュースばかり、そんな中でギモちゃんと戯れる時間はとても大切な時間です。「生きる楽しさ」を教えて下さるご主人さんと「ギモちゃん」に感謝せずにはいられない。「ありがとう!ギモちゃん」

0 コメント

迷路生活を楽しむゾ~!

ヘルパーさんの助けを借りながらの「1人暮らし」でも、1人の時間もあります。この時間も「何がしたい」を考える時間なのかも知れません。生活の中ではハプニングは付きもの。「排泄」は自分でもどうしようもありません。いついきたくなるのか?予測不能・・・。どうにもならない事ある。生活は立ち止まってはくれない。辛くて苦しい事もある。ですが、何が起こるか分からない「迷路生活?」を楽しみたい!

0 コメント

震度5 その時私達は・・・

今(9:10頃)福井県地方に震度5弱の地震がありました。「震度5」ってかなりの揺れ、1人の時間だったら・・・と思うと「ゾ~ッ」としました。1歩も動けませんでした。とっさの時どうすればよいのか分かりませんが、幸い、ヘルパーさんがいて下さったのでよかったです。地震大国日本と言われている中で災害弱者と言われている私達は普段から人との出会いと関わりを良くしておくべきではないだろうかと思いましたなにわともはれ、ヘルパーさんがいて下さって本当によかった。ありがとうございます。

1人暮らしには、ヘルパーさんとはいろいろな意味で命を守る仕事なのだと思います。

0 コメント