毎日のサインを・・・

「こんにちは」と利用者様のお宅に入ります。元気の良い時、調子の悪い時、さまざまな表情を見せてくれます。調子の良い時は一緒にやって、調子の悪い時は休まれています。表情を見ながら声掛けや仕事をしています。本当にしてほしい事は何だろうか?生活にこれが「正解」と言うものはないと思います。1日1日が違った表情のサインを見過ごさず、仕事をしていこうと思います。

0 コメント

新年度もよろしく!

明日から新年度。気持ちを新たに皆様のもとへ、お1人おひとりの心の「声」を聞きながら生活のお手伝いができれば・・・と思っています。皆さまの笑顔が私達の「エネルギー」となります。共にポジティブに・・・。新年度も「ゆめいえ」をよろしくお願いします。

0 コメント

生活、仕事が持続できるように

設立当初からのスタッフであり、利用者さんでもある彼女、最近、嚥下の機能も衰えてきています、同時に1日中車いすに座っている事も大変になった来ているようです。1時間でも休めるように休憩室を整えました。「1人暮らし」を続けている事、会社に来ると言う事、それだけで、大きな役割、意義があるのだと話をした。一生懸命にいろんな事をしてくれている彼女の存在は大きい。年齢と照らし合わせると、もうそんなに無理をしなくてもいいと、私達は思っています。もっと、自分の身体を労わってほしいと願っている。

0 コメント

あなたの声・そして・・

スタッフ達が「訪問、行ってきます」と言って利用者様のもとへ出かけて行きます。「こんにちは~」って利用者様のお宅に・・・。内容はもちろんですが顔色やその日の調子の変化を瞬時に見分けます。それは仕事の業務ではないかも知れませんが、人としての「気遣い」だと思います。道に倒れている人がいれば声掛けをする。それは当然のこと。今は、コロナ禍の中なので「移るかも知れない?」と言う不安はありますが、いつの時代もそしてどんな状況の中でも大切なもの、人が守るべき心は失いたくありません。あなたからの言葉、そしてその奥にある言葉をこれからも聞いてゆきます。

0 コメント

笑顔と元気で・・・

丑年がスタートしました。今年も笑顔と元気で、皆様の生活のお手伝いをさせて頂きます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

0 コメント

言葉の重み

突然、社長から同じ形態の会社関係の話が来た。戸惑う私達。社長の気持ちは分かるが、「はい、分かりました」とはいかない。どのように受け入れていけばいいんだろうと悩みの種。1から立ち上げた私達の職場。社名も自分達で考えた。どう言う風な形でもいい残してほしい。残すためには・・・と思う。体調の事や家庭サービスの事を言われると悩んでしまいますが、会社の思いと私達の意見を出し合い、歩み寄りながらいい方向に進んでいけたらと思います。今だから重さを感じる「出し合う、聞き合う、歩み寄る」を・・・。

0 コメント

生きる楽しさと共に

全員集合で、社内が普通と変わらない日常になりました。スタッフ1人ひとりが元気になると全体が明るくなります。「普通が1番、only1」私達は利用者様の声に寄り添いながら生活の支援に入らせて頂きます。「生きる楽しさと共に」

 

0 コメント

復活したら・・・

少ない人数での私達、諸事情で休む事もあります。利用者様に時間の変更や訪問できなくなる場合もあります。快く承知して下さるので感謝しております。私達は利用者様の心に「寄り添いながら」をモットーに仕事をさせて頂ています。ですが時としてアクシデントやハプニングがあった時にどれだけ歩み寄れるか、どれだけ分かって頂けるか?だと思います。少し間ご迷惑をおかけしますが、全員集合の際には全力で仕事させて頂きますので、よろしくお願いします。

0 コメント

ヘルパーさん達の「声」

コロナ渦の中で後半に入りました。危険と隣り合わせですが、どんな気持ちで仕事をしていたのでしょうか?皆さん、気になりませんか?ちょっと、ヘルパーさん達の心の声を聞かせて頂きました。「自由記入」と「私のリフレッシュ法」の2つについてお願いしました。

 サァーどんな声が聞こえてきたのでしょうか?


自由記入」=・手洗い・マスク・消毒は当然のこと。自分の体調管理にも気を付けた上で、利用者の方々に少しでも気持ちが明るく前向きになって頂ける様な対応を心がけていました。

 「私のリフレッシュ法」=特にリフレッシュ法はありません。

当時は、リフレッシュできているつもりでも、今振り返ると、できていなかった様に思います。(笑)

ペンネーム:モンキー


自由記入」=感染症に対する危機感は常に頭においています。

手洗い、うがい、マスクは身に付いた習慣となってますね~。

「密」を避けるために、訪問中は換気をしています。これが日常の訪問状況となりました。

 「私のリフレッシュ法」=カラオケでおもいっきり歌う!!これに限ります。(笑)

ペンネーム:さくらこ


自由記入」=福井県でコロナが流行していた時は、利用者やヘルパーに感染者が

出たらどのように対応しようかと常に頭を悩ませていました。

自分自身は、仕事以外の外出はせずに、手洗い、検温など体調管理に気を付けていました。

子供が休校で自宅にいる時間が長くなり一緒に過ごす事ができたのは、普段なかなか

ない事なので良い気分転換になりました。

家族で動画を見て、一緒に運動をする事を始めたので「コロナ」のお蔭で運動習慣が

身に付いたのはよかったです。

ペンネーム:bokuちゃん


自由記入」=自分が誰かにうつしてしまう事が、自分がうつってしまう事が

心配で仕事と買い物以外はほぼ出かけない日々でした。

手の消毒は訪問時、特に気を付けて入念にしていました。

福井市の連日の会見もできるだけ見て、情報を入れるようにしていました。

ペンネーム:オリヒメ


0 コメント

社協より、手作りマスク寄贈

「コロナウイルス感染症」と隣り合わせの中、元気と笑顔で利用者様のもとへ訪問させて頂いております。

先日、福井市社会福祉協議会からたくさんの「手作りマスク」を頂きました。みなさんが1枚、1枚作られた様子がマスクからうかがい知る事ができます。利用者様に使って頂けたらと配布しました。外出が大好きな利用者様なので、大変喜ばれました。

福井県は、第1波は収束状態ですが、第2波、第3波はやってくると言われております。私達も利用者様も「移らない」「移さない」と言う気持ちでこの頂いた「手作りマスク」を活用しながら今後の仕事に取り組んでいこうと思います。

心のこもった「手作りマスク」をありがとうございました。

0 コメント